shutterstock_11968498

ウォーターサーバーは何故無料レンタルなのかを教えます

ウォーターサーバーは何故無料レンタルなのかを教えます。
中には有料レンタルウォーターサーバーも存在しますが主流は無料レンタルです。

その理由は簡単で、お水の代金に上乗せされているからです♪解決!

携帯電話と同じです。スマホ本体実質ゼロ円という意味の分からない表現がありますよね?
「実質」って何という話はさておいておいて、要するに通信料に上乗せされているだけです。

通信料を安く設定して機種代金を別に取るよりも、通信料を高く設定してそこから値引きしたほうが営業しやすいからです。
くまおさんは昔々、訪問販売に従事していました。
その際に使っていたテクニックとして「上乗せして値引きするマッチポンプ営業」があります。

元々上乗せされた価格見積を提示して「今なら、○円値引きします!」といって本当の販売価格にするというやり方です。
あわよくば値引きしないで契約してしまおうという下心も有り、そうなるとボロ儲けという仕組みです。
そう言えば楽天でも定価を高く設定して、値引き幅を大きく見せるという不正行為が有りましたよね。

ですから、スマホだと月額15,000円くらい払っている人はぼろ儲け対象の超優良顧客です。

話がどんどんそれているので元に戻します。

最近ややこしいのが、買取型ウォーターサーバーの登場です。
結論から言えば買取サーバーはやめておきましょう。衛生面に大変不安有りです。長い間使い続けることを考えれば買取サーバーが良いという考え方もありますが、それはウォーターサーバーにおいては間違っています。

ウォーターサーバーに関しては自分で判断しようとせずに、くまおさんの言う事を聞いておくのが一番安全です。

買取サーバーは主にメーカー側の資金繰り改善のために生まれた仕組みです。
先駆け的な買取ウォーターサーバーはクリティアが販売をしたamadanaウォーターサーバーです。デザイン性に優れており、当時はデザインウォーターサーバーが存在しなかったので一定の影響力が有りました。
メーカーとしてはウォーターサーバーを顧客から買い取ってもらうことで2重の利益を生み出すこと出来ます。
まず、サーバーの販売にかかる利益。それとお水の販売にかかる利益です。

本来であればサーバーはメーカー側の資金負担で用意しなければならなかったので、それに比べると買取サーバーは資金繰りがかなり改善する商品です。
ですからamadanaウォーターサーバーに気を良くしたクリティアはcadoウォーターサーバーをリリースして更に買取サーバーの販売チャネルを増やすことにします。しかしフレシャスがレンタルサーバーでデザイン性の高い商品をリリースしたために計画が崩れ、現在ではプレミアムウォーターブランド(※クリティアはプレミアムウォーターと統合ました)でレンタルも選択できるように変更されています。

まとめとして、ウォーターサーバーのレンタル料が無料なのはお水代金に上乗せされているからという事です。


関連記事


契約していいランキング


おすすめ記事