コスモウォーターバカ売れ

コスモウォーターがバカ売れ

コスモウォーターがバカ売れしているようです。とにかくインターネット上ではコスモウォーターの独壇場です。
他のメーカーは正直なところ追いつけないでしょう!どんまい!

では少し趣向を変えて、なぜコスモウォーターばかり売れるのかを考えてみましょう!

まず整理から。
コスモウォーターはウォーターサーバー業界第3位です。天然水の宅配では業界1位になります。顧客数はグループ総計でおおよそ30万件程度だと推測されます。グループ総計というのはoemで供給しているメーカーも含みますので数十社の合計数値です。ただ、殆どの顧客がコスモウォーターに属していると思います。

2015年10月15日にコスモウォーターを運営しているコスモライフ社がオリックスに買収されましたので、現在はオリックス傘下の企業ということになります。それまでは兵庫県加古川市にて創業されて地場企業だったのですが一気に飛躍していますね。

さて、コスモウォーターがバカ売れの理由は「ウェブ上で1位」だからです。コスモウォーターは他社に比べてウェブ上での露出が圧倒的に多く、名だたる比較サイトでは軒並み1位を獲得しています。獲得と言っても、比較サイトは基本的には広告主の報酬順にランキングされていますので1位の根拠は特にありません。しかし、殆どのサイトで1位になっていれば当然多くの人の目に止まりますのでネット上でバカ売れするわけです。ここで少し疑問が浮かびます。

「コスモウォーターの広告費はそんなに高額なのか?」

実はコスモウォーターのネット上での獲得広告費はそこまで高額ではありません。もっと高額の報酬を支払うメーカーも存在します。しかしそれでも多くの比較サイトがコスモウォーターを1位にする理由があるのです。それが「とにかく、よく売れるから」です。
報酬額がいくら高額でも実際に売れなければ意味がありません。この手のウェブ広告事業は成果報酬なので、売れなければ報酬は手にはいらないのです。コスモウォーターのウェブ広告戦略はプラススパイラルに入っており、いまウォーターサーバー業界では最も顧客獲得が容易なメーカーです。

仕組みとしてはこうです。

比較サイトで1位だらけ⇒新規参入広告業者はそのサイトの真似をする⇒コスモウォーター1位のサイトが増える⇒別の新規参入業者もコスモウォーターを1位にする⇒更に1位サイトが増える⇒繰り返し

無限にコスモウォーターが1位にサイトが出来上がるため、一般ユーザーも「コスモウォーター1位」という情報にとても多く触れることになります。人々は「一番売れていて、みんなに支持されている商品」を買いたくなるものです。ですからコスモウォーターバカ売れスパイラルが発生しているのです。

くまおさんがメーカー在籍時にあるウェブ広告会社の担当者と打ち合わせをしていました。その担当者はウォーターサーバー業界の事情にかなり詳しく、他社の広告も担当したことがある人でした。しかし、そんな人でさえ「コスモウォーターが業界1位ですよね?」と聞いてきたのです。「いいえ。1位はクリクラで2位はアクアクララで、やっと3位でコスモウォーターですよ。しかもシェアは結構開きます。」と教えたところとても驚いていました。

ウォーターサーバー業界に詳しい人でさえこの状況ですから、一般ユーザーが正確な情報を入手することはかなり困難だといえるでしょう。
おさらいです。コスモウォーターが売れる理由は「比較サイト1位の独占」です。いやーーーしばらく他社は勝てないと思います。
ちなみに、この事情はネット広告に詳しくなおかつ自分でウェブでのウォーターサーバー販売リサーチを実施したことがある人間でないと理解できないと思います。それができるのは・・・そうくまおさんです(笑)

多分、いまくまおさんがメーカーに戻ったとしても、くまおさんのウェブマーケティング知識とそれから導かれる色々な戦略や戦術を話したところでメーカー担当者は理解できないでしょうし、受け入れないと思います。それくらい、メーカーの販促担当者の認識と実際のウェブ上での獲得戦略に意識の開きがあるのです。難しいですね〜

でもね、お金のある企業が比較サイトを全て買収すればひっくり返るかも・・・例えばサントリーとかうるのんとか・・・
一回ひっくり返してしまえばその後は自動的にプラススパイラルに向かいますので簡単です。

最近うるのんがかなり営業活動を強化しているように感じています。彼らが本気を出せばひっくり返せるでしょう。


関連記事


契約していいランキング


おすすめ記事