amanada

クリティア

No.1
価格
衛生面
会社安心度
解約金
ノルマの低さ
デザイン
総合評価
備考 業記載高値の解約金。母体企業の光通信が怪しすぎる。安定性に欠ける会社。

最も不名誉な1位。母体企業は悪名高き光通信

ウォーターサーバー契約してはいけないランキング

最も不名誉な1位に輝いたのはクリティア。
そしてクリティアのOEM供給先であるアイディールウォーターも要注意です。

※1位のクリティアと3位のプレミアムウォーターが経営統合しましたので、最強の1位誕生です!(笑)

このサイトを光通信の関係者が見たら起こるだろうな〜(笑)

クリティアは元々、リヴァンプという投資ファンドに属していました。事業運営後、見事に株式店頭公開、東京2部上場と進んでゆき、昨年売却されています。投資ファンドとしては成功案件だったのではないでしょうか。
流石に投資ファンドの経営陣は頭が良いため、解約金やメンテナンス等に色々と罠が仕掛けてあります。解約金は業界最高値の13,500円!そしてコレが何年使用してもゼロにならない!!

サーバーメンテナンスも行いません。サーバーメンテナンスとは機械の交換洗浄のこと。クリティアはサーバータンク内に外気が入らないためサーバーが汚れず、メンテナンスフリーであると説明しています。
しかし、水入の流れるパイプ部分や取水口等は外気に触れますし、なおかつ水分もありますがから雑菌は繁殖し放題。
お水がいくら綺麗でも、サーバーが汚染されていれば安全な水は出てきません。数年間放置されたクリティアサーバーはさぞかし汚染されていることでしょう。

さて、クリティアはamanadaとコラボレートしたデザインサーバーをリリースしています。コレは確かにおしゃれなのですが、買取サーバーなのです。ウォーターサーバーは買い取ってしまうと衛生管理を自分で行わなければならない為、やめたほうが身のためです。
ウォーターサーバーにはコンプレッサーが内蔵されているため破棄する際には冷蔵庫と同じように産業廃棄物扱いとなります。本当に面倒・・・

クリティアは光通信に買収される前に、光通信と合弁会社を設立しています。その会社名は「アイディールライフ」。
この会社がアイディールウォーターというメーカーです。ロゴマーク以外はクリティアから製品を出荷しています。クリティアよりは若干価格が高め。解約金等はクリティアとほぼ同じです。
アイディールウォーターは光通信の販売網に対して営業を行うことで、効率的に顧客獲得をしています。とにかく営業が強い会社ですからテレアポでガンガン営業をかけているようです。ユーザーに検討する暇は与えません!

営業代行はマーケティングエーという光通信の関連会社。レ点ビジネスが儲かるらしい・・・(ちょっと意味がわからないかもしれませんね・・・)

クリティアで契約する理由が一切ないのでやめておきましょう。
あー本当にまずいこと書いているかもな〜とおもう(笑)
⇒クリティア公式サイト


契約していいランキング


おすすめ記事