お掃除ロボット付きウォーターサーバー

コスモウォーター※お掃除ロボット付きウォーターサーバー

No.2
価格
衛生面
会社安心度
解約金
ノルマの低さ
デザイン
総合評価
備考 お掃除ロボット付きウォーターサーバーは契約する価値あり。ただしその他サーバーは衛生管理の問題から契約しないほうがいい。

暫定2位コスモウォーター※お掃除ロボット付きに限る

ここ数年で最も成長しているウォーターサーバーメーカー。
※2017年5月1日追記
コスモウォーターはお掃除ロボット付きウォーターサーバーの販売を中止していますが、下記OEMメーカーにてお掃除ロボット付きウォーターサーバーが申し込めます。
⇒ワンウェイウォーター
くまおさんは基本的にOEMメーカーを推奨していませんが、これはありかもしれませんね。
OEMは同じ工場でお水が生産されており、サーバーも全面のロゴパネルが変更されるだけで同じ製品です。その為ほぼコスモウォーターと「同じ」です。企業規模等で若干の不安はあるものの、そこまでリスクの高い製品ではないので申し込んでも大丈夫だと判断できます。
ちなみにくまおさんのacroは1年半経過した現在でも元気に稼働しています。

フレシャスのランクダウンによりくまおさんランキング2位に浮上!
数年前までは業界5位以下だったが、ここ数年で一気に業界シェア3位に躍り出る。天然水メーカーとしては圧倒的な1位。いまウェブで最も売れているウォーターサーバー。
⇒コスモウォーター公式サイト

コスモウォーターはお掃除ロボット付きウォーターサーバーのみ契約しても良いと考える。
この企画は秀逸で他社は決して真似できない。お掃除ロボット付アクロはそれ自体の性能もそれなりに満たしており、十分に機能する。また、コスモウォーターを解約したとしてもお掃除ロボットは返却する必要が無いためお得感がある。なお、お掃除ロボットの利用料金はかからない。初期出荷料金2,000円が別途必要。

※補足情報です。2016年12月追記
お掃除ロボット付きウォーターサーバーは2016年11月末で販売を終了しました。ただし、既存のウォーターサーバー「らく楽スタイルウォーターサーバー」を利用した場合でも契約後に申請すればお掃除ロボットを利用できるように変更されています。その為条件は良くなっていると考えてよいでしょう。

お水は3種類の天然水と1種類のRO水。
お水の容器はpetボトル容器。その為、飲み終わったら資源ごみとして処理することができる。潰すことができるのでスペースはあまり取らない。

支払い方法はクレジットカード、コンビニ後払いは、代金引換からえらべるが、クレジットカード以外は手数料がかかるので気をつけたい。

解約金規定は下記の通り。

・お掃除ロボット付ウォーターサーバーacro
規定利用期間:2年/サーバー引取手数料:14,000円(税込15,120円)/サーバー交換手数料:9,000円(税込9,720円)

注文方法はウェブからか、コールセンターでの電話申し込み。対応が早いのはウェブ注文である。約1週間で製品が到着する。サーバーはヤマトホームコンビニエンスが運び、設置までを行ってくれるため自身で行う作業はなし。これは嬉しいサービスだ。

コスモウォーターのデメリットとしてサーバーメンテナンスを行わないことがあげられる。ウォーターサーバーはお水を取水する機能が付いているため、一定期間で必ず汚れが発生する。しかしコスモウォーターは公式にメンテナンスをアナウンスしておらず、メンテナンスフリーだと謳っている。しかしこの考え方は危険であり、メンテナンスを行うべきである。

その為、お掃除ロボット付きウォーターサーバーを利用している場合でも、1年程度を目安に他社に乗り換えることをおすすめする。
※有償でメンテナンスを受け付けてくれるため、そちらを利用してもいいが・・・

2015年10月15日にオリックによってコスモウォーターの運営元であるコスモライフ社が買収された。その為、今後の運営の主導権はオリックスに移り、オーナー一族は株式を売却。経営からは退いている。

オリックスがオーナーになることによってコスモウォーターも一流企業の仲間入りとなり、今後の衛生管理や販促活動に関してはより透明性を重視してゆくのではないかと思われる。ユーザーにとっては良い流れである。

⇒コスモウォーター公式サイト


契約していいランキング


おすすめ記事